nomina

もったいない野菜をドリンクに

2019/07/26更新

インドの飲み物ラッシーとは?簡単な作り方や人気アレンジレシピ5選

ジュース

インドカレーのお店でよく見かける飲み物ラッシー。

さっぱりしていて美味しいですが、一体何で作られているのか知っていますか?

今回はラッシーの種類、材料についてや、家でも簡単に作ることができるラッシーの簡単レシピなどをご紹介したいと思います!

ぜひご自宅でもカレーと一緒にラッシーを楽しんでみてください。
 

インドで定番のドリンク「ラッシー」とは?


 

ラッシーって何?

インド料理のお店でよく見かけるラッシーですが、主な原料はヨーグルトと牛乳で、材料をミキサーで撹拌して作られます。

フルーツを加えたものも有名で、よくマンゴーラッシーなどを見かけますよね。

インドでは、乳牛から取れるミルクで作られたヨーグルトではなく、水牛のミルクから作られるヨーグルト「ダヒー」が使われることが多いようです。

味わいは飲むヨーグルトに近く、お店によって牛乳が多めのさらっとしたものから、ヨーグルト多めのどろっと濃厚なものまで様々です。
 

飲むヨーグルトとの違いは?

実は飲むヨーグルトの原料もラッシーと同じ牛乳とヨーグルトです。

インドのラッシーはダヒーで作られているという違いもありますが、日本のインド料理屋で出されているラッシーのほとんどは、乳牛のミルクで作られたヨーグルトが使用されているので、飲むヨーグルトと大差はありません。

しかし市販されている飲むヨーグルトとインド料理屋で飲むラッシーを比べると、ラッシーの方が牛乳のコクが感じられるものが多いように感じます。
 

気になるカロリーは?

ラッシーの気になるカロリーですが、ヨーグルトと牛乳を100gずつ使うと128.8カロリーです。

甘みを出すためにはちみつを加えると、少しカロリーが高くなり、190.8カロリーになります。
マンゴーやバナナなど甘いフルーツを加えるとさらに高くなります。

ダイエット中、フルーツをたっぷり加えた甘いラッシーはカロリーが気になりますが、甘さを抑えたラッシーを適量飲むのであれば心配はいりません。
 

実は種類がたくさん!

プレーンやフルーツ入りをよく見かけるラッシーですが、実はその他にもたくさんの種類があるんです。

一番馴染みのある、砂糖が加えられた甘いラッシーはスイートラッシーに分類されます。
フルーツを加えたマンゴーラッシーも定番です。

一方、ソルティラッシーという塩味のラッシーも存在します。
暑いインドでは、体を冷やし、ミネラル補給のためソルティーラッシーが飲まれています。

サフランを加えたラッシーや、クミンパウダーをかけるジーラ・ラッシーなどもあります。

地域や作る人によって、ラッシーの種類も様々です。
 

定番プレーンラッシーの作り方

インド料理というと、色々なスパイスなどが必要で難しそうなイメージがありますが、ラッシーはどこにでもある材料で、簡単に作ることができます。

材料
牛乳
100ml
ヨーグルト
100g
はちみつ
お好みで大さじ1~3

この材料をミキサーにかけるだけ!

牛乳とヨーグルトを1:1の分量が、牛乳のコクとヨーグルトの酸味ととろみのバランスがちょうどよくおすすめです!

牛乳を多めにするとさらっと飲みやすいラッシーに、ヨーグルトを多めにするとどろっと濃厚なラッシーになります。

他にもクミンパウダーやシナモンパウダーを少量加えると、スパイスがアクセントのラッシーになります。

どれも簡単にできるので、自分好みのラッシーを作ってみても楽しいですよ!

ミキサーがない場合は、マドラーや泡立て器で混ぜても作ることができます。
 

人気のラッシーアレンジ

プレーンラッシーにフルーツを加えると、より飲みやすく、子供もおいしく飲むことができます。

どれも簡単にできるので、ぜひ作ってみてください。
 

定番のマンゴーラッシー

インド料理のお店では見かけないことはない定番ドリンクマンゴーラッシー。
甘いマンゴーとラッシーの組み合わせはバッチリです。

冷凍マンゴーをミキサーにかけ、プレーンラッシーと混ぜ合わせれば完成です。

フルーツのゴロゴロ感を味わいたい場合は、ミキサーで撹拌する時間を短くしたり、常温に戻したマンゴーをフォークなどで潰して作ってください。
 

便秘のときに!ゴールドキウイラッシー

ゴールドキウイを使ったラッシーのレシピです。
整腸効果バッチリの一杯で、便秘気味な人にも毎朝のドリンクとしてオススメ。

氷と一緒にミキサーにかけると、さらっとした飲み心地になります。
食欲が湧かない暑い日にでもごくごく飲めてしまいます!

>レシピはこちら
 

ミキサー不要!ストロベリーラッシー

牛乳の代わりに甘酒で作るストロベリーラッシーのレシピです。
分量はプレーンラッシーと同じヨーグルトと甘酒を1:1で割ります。

砂糖を加えず、甘酒の自然な甘みがおいしい一杯です。

ミキサーでももちろん作ることができますが、使わずに作ると果肉感をたっぷり楽しむことができますよ!
>レシピはこちら
 

お家で簡単!カルピスラッシー

ヨーグルトの代わりに「カルピス」を使ったカルピスラッシー。
SNSで手軽に作れておいしい!と話題になりました。

レモンを入れることで後味スッキリのラッシーに変身するんです!
市販のレモン汁で作ることができますが、フレッシュなレモンを使うとより爽やかにおいしくなりますよ。
>レシピはこちら
 

ピリッとおいしいジンジャーラッシー

ジンジャーシロップの生姜を加えたラッシーのレシピです。

甘く煮詰められた生姜が美味しいジンジャーラッシーは、生姜を多めに入れるとピリッと大人なラッシーになります。

クミンやシナモンなどスパイスを加えたラッシーが好きな人には、ぜひ飲んでもらいたい一杯です!

>レシピはこちら

 

お家でもカレーと一緒にラッシーを

意外と簡単に作れて、アレンジもたくさんあるラッシー。
お店でインド料理と一緒に飲むのもおいしいですが、ぜひお家で自分好みの一杯を作ってみてください!

Pocket   はてブ   保存
nomina編集部

この記事を書いた人

nomina編集部

「もったいない野菜でおいしく健康に」をテーマに、ドリンクレシピや野菜の知識などをお届けします。

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!