nomina

もったいない野菜をドリンクに

2019/01/15更新

冷え対策だけじゃない!生姜の注目すべき5つの効能とオススメレシピ

スタディー

よく体を温める働きがあると言われる生姜ですが、実は他にも嬉しい効果があったり、効能によって効果的な摂り方が違うことを知っていますか?

冷えが気になるからと、とりあえず生姜を摂るのはもったいない!

効果的な飲み方のレシピも紹介しているので、生姜の力で冷え込む季節も元気に過ごしましょう。

生姜の効能

生姜特有のピリッとした辛味成分として生の生姜に多い「ジンゲロール」という成分があります。
そして、ジンゲロールを加熱することで「ショウガオール」と「ジンゲロン」が生成されます。

この3つの成分が殺菌効果や、血行促進、冷えの改善など様々な働きを担っています。

殺菌効果

生の生姜に多く含まれるジンゲロールには、殺菌効果があります。
お寿司屋さんで必ず見かけるガリも、生の魚介類を食べるときに殺菌する働きがあるからです。

また、喉が痛いときや風邪のひき始めにも効果が期待できます。

発汗作用

ジンゲロールには、体の表面の温度を一時的に上げ発汗させる働きもあります。

汗をかくことにより体内の熱が下がるため、熱がでたときに生姜を摂るのも効果的です。

夏に食べるそうめんの薬味として生姜を入れますが、体温を下げる効果もあるのですね。

胃腸の働きを促進

生姜には胃腸を刺激し働きを活発にさせ、つわりにも良いとされています。
吐き気や食欲不振を改善する働きから、漢方薬に含まれることもあります。

ただし、胃への刺激があるため空腹時や、胃腸に疾患を抱えている人などは注意が必要です。

冷えの改善

生姜の効果としてよく知られているのが冷えの改善、体を温める働きです。

乾燥生姜や、加熱した生姜に多く含まれるショウガオールとジンゲロンは、内側から体を温める効果があります。

生の生姜に含まれるジンゲロールは、体の表面を温め発汗させることで、体温を下げる働きがあるので、体を温めたい場合は加熱された生姜が効果的です。

血行促進

体の内側から温めてくれるショウガオールに比べ、ジンゲロールには血管を広げ、体の末端まで血流を促進する働きがあります。

血流が良くなることで、体のだるさや肩こりの改善も期待することができます。

生姜の効果を発揮するオススメの摂り方

ここまででもう気づいている人もいるかと思いますが、生の生姜や乾燥生姜、加熱された生姜によって少し効果が変わってきます。

また、たくさん摂ったからと言って効果が大きくなるかというと、そういうわけでもありません。

生姜の効果的な摂り方や量をみてみましょう。

体を温める

体を内側から温める場合は、乾燥生姜や加熱された生姜を摂ると効果的です。
加熱した生姜に含まれるショウガオールという成分が、体を芯から温める働きがあります。

生姜にしっかり熱を加えて作るレシピをまとめてみました。
 

 

長ネギ・生姜・にんにくの体あったかスープ

長ネギ・生姜・にんにくのスープでは、炒めた生姜をスープに入れることでショウガオールが増え、体を温めます。

長ネギやワカメなど、免疫力を高める野菜と一緒にスープにすることで、体を温めるだけでなく風邪の予防、ひき始めにもオススメのスープです。

▷作り方はこちら
 

 

ジンジャーシロップ

大量消費にもオススメなジンジャーシロップは、20分煮込むだけで簡単に作ることができます。
お湯や紅茶で割れば、簡単に冷え対策ドリンクが完成です。

炭酸水と割ってジンジャーエールにすることで、お風呂上がりなどにも飲みやすく、体の内側からポカポカします。

▽作り方はこちら
 

風邪を予防する

風邪のひき始めや予防、体の末端の冷えには生の生姜に含まれるジンゲロールを摂りましょう。

すりおろした生姜やスライスした生姜は、酸化するとジンゲロールが減ってしまうので、食べる直前に用意するのがオススメです。
 

 
ホットアップルジンジャー

お湯を注ぐ直前にすりおろした生姜を入れることで、生姜の効果を損なわないようにしましょう。
はちみつと合わせることで、喉の調子も整えます。

りんごとはちみつの甘さで、デザート感覚で頂くことができます。

▽作り方はこちら
 

 
ホットアップルジンジャーティー

すりおろしたりんごやシナモンの風味で、生姜があまり得意ではない人にも飲みやすいレシピです。

いつもの紅茶では物足りないとき、冷えが気になるときに、簡単にできるアレンジです。

▽作り方はこちら
 

 
ホットはちみつレモンジンジャー

スライスした生姜もおいしく頂くことができます。
生姜の辛味が効いているのと、ブラックペッパーを加えることで、ピリッとスパイシーな大人向けのホットドリンクです。

▽作り方はこちら

 

生姜チューブや生姜パウダーでもいいの?

内側から体を温めるには加熱した生姜に含まれるショウガオールが効果的ですが、ショウガオールは特に乾燥生姜に多く含まれることがわかっています。

そのため、芯から体を温めたい人は生の生姜の代わりに、生姜パウダーを使ってみるのもいいかもしれません。

また、すりおろした生姜の代わりに生姜チューブを加えても生姜としての効果はあります。

手軽に料理に加えやすい生姜チューブを使っている人も多いのではないでしょうか?

ただ、生姜チューブには生姜以外にも添加物が含まれているので、無添加のものを選んだり、風味付け程度で少量使うようにしたり、生姜チューブだけに頼らないようにしたいですね。

一日に摂るべき量は?

たくさんの嬉しい効果がある生姜ですが、体を温めたいという場合は一日に10g程度摂るようにしましょう。

生姜10gの目安

  • 小さい1かけ程度
  • スライス6~7枚
  • すりおろしたもので小さじ1

生姜パウダーで摂る場合は、水分が含まれないので1g(1円玉の重さ)程度で大丈夫です。

生姜は胃への刺激もあるので、むやみに摂りすぎないよう注意しましょう。

上手においしく生姜を摂り入れよう

生姜には体を温めるだけでなく、嬉しい効能がたくさんありました。

また、体調によって効果的な摂り方が変わってくることを知らなかったという人も多いのではないでしょうか?

ぜひ自分の体調にあったレシピで、生姜を上手に摂り入れてみてください。
 

Pocket   はてブ   保存
nomina編集部

この記事を書いた人

nomina編集部

「もったいない野菜でおいしく健康に」をテーマに、ドリンクレシピや野菜の知識などをお届けします。

カテゴリー

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!