nomina

まいにちの野菜を、もっとしあわせに。

2021-01-06更新

【1月7日】7種類言える?七草の意味と七草粥を食べる理由

スタディー

1月7日は七草の日。
朝食に七草粥を食べてきた人も多いことでしょう。

七草粥に使われる7種類の野草・野菜には、ひとつひとつに込められた願いや意味があります。

七草粥に込められた意味を知り、おいしく七草粥を楽しみましょう。
 

七草粥を食べる由来

七草粥は、1月7日の朝に食べるのが一般的です。

1月7日は「人日(じんじつ)の節句」です。
古来中国には、元日からそれぞれの日に動物を当てはめて占う風習がありました。
1月の1日は鶏、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日、そして7日を人の日として、その日は当てはめられた動物を殺したりせず大切にしたのでした。

また、7日には七種の野草・野菜を入れた汁物を食べる風習があり、これが日本に伝わり七草粥になりました。

人日は端午の節句などと同じ五節句で、七草の節句とも言われます。節句料理を食べることで1年の邪気を払い、無病息災を祈る意味もあります。

 

七草とは

七草とは、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ(かぶ)・スズシロ(大根)の7種類です。

  • セリ…生活習慣病の予防、整腸効果
  • ナズナ…高血圧の予防、整腸効果
  • ゴギョウ…せきや喉の痛みの緩和
  • ハコベラ…利尿作用、むくみ緩和
  • ホトケノザ…整腸効果
  • スズナ(かぶ)…便秘予防、視聴効果
  • スズシロ(大根)…胃腸の働きを助ける、殺菌

早春に芽吹くこの野草や野菜には、ビタミンやミネラルも多く含まれています。

ご馳走が続くお正月に、疲れた胃腸を休めるという意味合いでも、七草粥が理にかなった食べ物です。
 

スープジャーで作る簡単七草粥

お休みの日にはゆっくり準備ができる七草粥ですが、スープジャーでお手軽に楽しむこともできます。

nominaでは、スープジャーの保温調理で作る七草粥のレシピも紹介しています。

朝はバタバタしてゆっくり食事をとることができない時は、ランチに楽しむのもいいですね♪

 

七草粥で1年の健康を祈ろう

何気なく食べていたかもしれませんが、七草粥には様々な意味や願いが込められています。

7日には七草粥を食べて、1年の健康を祈りましょう。
 
 

産地直送野菜をおトクに購入!
Pocket   はてブ   保存
nomina編集部

この記事を書いた人

nomina編集部

「もったいない野菜でおいしく健康に」をテーマに、ドリンクレシピや野菜の知識などをお届けします。

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!