nomina

まいにちの野菜を、もっとしあわせに。

2021-02-18更新

じゃがいも大量消費に◎千切りスライサーで楽ちんハッシュドポテト

もう一品

 
海外の朝食に出てくるイメージのあるハッシュドポテト。
じゃがいもと調味料だけで作れ、シンプルだけどとってもおいしい!

じゃがいもを大量消費したいときにもおすすめの一品です。

今回は包丁を使わず、楽して作るハッシュドポテトのレシピを紹介します。
 

 

材料
じゃがいも
3個
小麦粉
大さじ1/2
片栗粉
大さじ1/2
顆粒コンソメ(キューブ)
小さじ1(半分)
ひとつまみ
あればドライパセリ
適量
作り方
  1. じゃがいもは洗って芽の部分を取り除き皮を剥いたら、太めの千切りスライサーでカットします。
     
  2. ①に水を入れて軽くじゃがいもを洗い、流します。
     
  3. 残った水分が入らないように②のじゃがいもを耐熱用のボウルに手で移し入れ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(600w)で6分ほど加熱します。
     
  4. 小麦粉、片栗粉、コンソメ、塩、ドライパセリ(あれば)を混ぜ合わせておきます。
     

    ※ 片栗粉だけでもOK。その場合は大さじ1の量を入れます。

    ※ コンソメキューブを使う場合は、手やスプーンなどで潰すようにして砕き、塊がないようにします。

  5. ③のじゃがいもが熱いうちに④を振りかけ、じゃがいもを潰しながら混ぜ合わせます。
    ある程度ジャガイモが潰れたら6等分にします。
     
  6. ラップに小麦粉または片栗粉を少量(分量外)振りかけて手で馴染ませ、その上に⑤のじゃがいもをのせて包み、小判型にします。
    一度ボールを作ってから潰すと、小判型にしやすいです。
     

    これを同じラップを使ってあと5回繰り返します。

  7. フライパンに多めの油(大さじ1ほど)を入れて熱し、小判型にしたじゃがいもを入れ、きつね色になったら裏返し、反対側も焼き色がついたら取り上げて完成。
     

ドライハーブを足したり、塩をローズマリーソルトやクレイジーソルトなどにすると、ふんわりとハーブが香り、大人なおいしさになります。

コンソメを使わず塩(小さじ1/2)だけでも作れます。
大人だけでなく、子どもにも人気!朝食だけでなく、おやつにも◎

ぜひお試しください。
 
 

産地直送野菜をおトクに購入!
Pocket   はてブ   保存
toz

この記事を書いた人

toz

旦那との食事の好みが合わない…イヤイヤ期真っ最中の2歳の子供に料理を作っても食べてもらえない…献立を考えるのが面倒すぎる…そんな日々の中でも、家族のため懸命にごはんを作り続ける、食育実践プランナー。

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!