nomina

まいにちの野菜を、もっとしあわせに。

2021-02-05更新

しっかり洗えていないかも!?「ブロッコリー」の正しい洗い方&茹で方

スタディー

ブロッコリーには、緑色のツブツブが密集してついていて、他の野菜には見られない変わった形状をしていますよね。

あのツブツブの招待は、花蕾(からい)といって花のつぼみです。

花蕾の部分がシャクシャクとおいしいブロッコリーですが、密集した花蕾の間を洗うのは難しく、綺麗に洗えているのか心配…という人もいるのではないでしょうか?

今回はブロッコリーの正しい洗い方と、栄養を逃さない茹で方をご紹介します!

 

ブロッコリーの洗い方

丸ごと洗う

栄養がたっぷり含まれているブロッコリーは、切ってから洗うと栄養も流れ出してしまうため、丸ごと洗ってしまうのがおすすめです。

洗い方
  1. ボウルに水を張り、ブロッコリーの房を下にして5分ほど浸けておく。
     
  2. 茎を持ってゆすり洗う。

水を房の上から当てても、つぼみの中の汚れまで落とすことはできません。
房を下にして、しばらく水に浸すことで、つぼみが開きます。
 

小房に分けて洗う

汚れがひどいブロッコリーや、よりしっかり洗いたいというときには、小房に分けてから洗うのがおすすめです。

  1. ブロッコリーを小房に分け、ビニール袋に入れる。
  2. ブロッコリーが浸るくらいに水を入れ、空気を抜いて口を縛ったら5分ほど放置する。
     
  3. 袋を揺すって汚れを落とす。

小房に分けたブロッコリーは、水を張ったボウルに入れても浮いてきてしまうため、重しをしたり袋に入れて洗いましょう。

茎の処理はどうする?

実はブロッコリーは茎までおいしく食べられる食材です。

茎まで食べる場合は、硬く繊維質な皮を削ぎ落とし、切り口を切り落とせばOK!
 

 
茹でてもおいしいですが、生で食べることもできます。
ほのかに甘みがあり、ぽりぽりとした食感で房とはまた違ったおいしさがあります。

食感が好きではないという人や野菜が苦手なお子さんには、ポタージュスープにするのもおすすめ!

栄養たっぷりのブロッコリーを余さず食べ切りましょう。

 

ブロッコリーの茹で方

鍋で茹でる

ムラなく加熱することで、ブロッコリーの食感と旨味を最大限に引き出せるのが、鍋で茹でる方法です。

材料
ブロッコリー
1株
適量
適量
  1. 鍋に水と塩を入れ、沸騰させる。
  2. 沸騰したら小房に分けたブロッコリーを入れ、2~3分茹でる。
    (小さめに切り分けていれば2分、大きめなら3分ほど茹でましょう。)
  3. ざるに上げて冷ましたら完成。

水の1%ほどの量の塩を入れることで、色が鮮やかになります。
 

電子レンジで蒸す

手軽にできて栄養を逃さず加熱するのが、電子レンジで蒸す方法です。

材料
ブロッコリー
1株
大さじ1
  1. 小房に分けたブロッコリーを耐熱皿に入れて水を振る。
  2. ふんわりラップをして電子レンジ(500W)で3分加熱する。
    (加熱が足りなければ20秒ずつ追加する)
  3. 水気を切って冷ましたら完成。

鍋で茹でる場合も電子レンジで蒸す場合も、ブロッコリーの房の大きさを均等にしておくことで、ムラなく加熱できます。
 

おいしくブロッコリーを食べよう

変わった形のブロッコリーは、ちゃんと中まで洗えているのか心配に思う人も多いはず。

安心しておいしくブロッコリーを食べるために、正しい洗い方を覚えておきましょう!

ダイエットにはブロッコリーが良い!?主な栄養素とその効能
 
 

Pocket   はてブ   保存
nomina編集部

この記事を書いた人

nomina編集部

「もったいない野菜でおいしく健康に」をテーマに、ドリンクレシピや野菜の知識などをお届けします。

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!