nomina

まいにちの野菜を、もっとしあわせに。

2020-12-18更新

【新年】おせち以外にも!縁起物を食べて新年を迎えよう

ニュース

新しい年を迎え、一年の幸せを願い、おせち料理や縁起物を食べる家庭は多いことでしょう。

おせち料理は一品一品に縁起のいい意味がありますが、お正月に食べたい縁起物はおせち料理だけではありません。

今回は、おせち料理の意味やそのほか縁起がいいとされる食べ物や飲み物を紹介したいと思います。

 

おせち料理の意味

おせち料理といえば、伊達巻や栗きんとんなど、それぞれ思い浮かべるものがあると思います。
なんとなく毎年食べているかもしれませんが、実は一品一品に一年が幸せになるような意味や願いが込められています。
 

伊達巻

伊達巻の「伊達」と言う言葉には「おしゃれ」「人目を引く」といった意味があります。
江戸時代に「伊達者(だてしゃ)」と呼ばれるおしゃれな若者たちの着物に似ていたことからつけられた名前です。

卵を巻いた形は書物を連想させ、知性の象徴として考えられ、学業成就などの願いが込められています。
 

栗きんとん

鮮やかな黄金色の栗きんとんは、金塊や小判を連想させるため、豊かな年になるよう願いが込められています。

また栗は「勝ち栗」といって古くから縁起物とされてきました。
 

黒豆

黒豆には「マメ(豆)に働く」という意味があり、1年間家族が真面目に健康に働けるように願いが込められています。

関東では、年をとるまで(シワがよるまで)健康に過ごせるようにと、豆にシワがよるまで煮るのが定番ですが、関西ではシワがよらないように煮ることで不老長寿を願うのが基本となっています。
 

紅白かまぼこ

かまぼこは日の出を象徴する食べ物として、元旦には欠かせない一品です。

おせち料理に使われる紅白のかまぼこは、赤い部分がめでたさや魔除けの意味を持ち、白い部分は神聖さを意味しています。
 

数の子

数の子はニシンの卵です。

そのため、ニシン(二親=二人の親)からたくさんの子が生まれるということで、子孫繁栄の願いが込められています。
 

海老

海老は火を通すと腰が丸く曲がることから、腰が曲がるまで(=年をとるまで)健康に過ごせるようにという意味があります。

また、加熱するとおめでたいとされる赤色になるため、お正月の定番の縁起物とされています。

 

おせち以外にも縁起のいい食べ物

縁起物はおせち料理だけではありません。
日本でおめでたいとされる食べ物だけでなく、世界の縁起物も合わせて紹介します。
 

小豆

小豆の赤色には、魔除けや厄除けの力を持つとされ、古くからお祝い事や季節行事などで食べられてきました。

縁起のいい日に赤飯を食べたり、お盆におはぎをお供えするのもその習慣の一つです。
 

はまぐり

はまぐりは、結婚式やひな祭りなどにお吸い物として食べる習慣があります。

2枚の貝は同じ形出ないと対にならないことから「夫婦円満」や「良縁をもたらす」といった意味が込められています。
 

お餅

お餅は古くからハレの日に食べる縁起物として考えられてきました。
お正月食べるお雑煮にもお餅が使われているように、おせち料理と合わせてお正月には欠かせない食べ物です。

お餅やそのほか産物を神様にお供えしたあと、お下がりとしてお雑煮にして食べるという習慣から、今もお正月にお雑煮を食べる文化が根付いています。

【地域別お雑煮MAP】「我が家のお雑煮」のルーツを探ろう!
 

若水

元日の朝、井戸や湧水から最初に汲む水のことを若水(わかみず)と言います。

若水を汲むことは「若水迎え」と呼ばれ、1年の邪気を払う縁起のいい水と言われています。

若水迎えの際には、人と口を聞いてはならない、女性は手を触れてはいけないなど、地方によって様々なルールがあるようです。
 

ぶどう

スペインではぶどうが年末年始の縁起物とされています。

日本では新年を迎える際に年越しそばを食べて、無病息災を祈るという文化がありますが、スペインではぶどうが食べられます。

大晦日になる12回の鐘に合わせて「幸運の12粒のぶどう」を1粒ずつ食べ、1年の幸せを祈るそうです。

 

縁起物で1年を幸せに過ごそう

おせち以外にも縁起がいいとされる食べ物はたくさんあります。

新しい年の始まりは、縁起物を食べて1年の幸せ、健康を願いましょう!

 
 

産地直送野菜をおトクに購入!
Pocket   はてブ   保存
nomina編集部

この記事を書いた人

nomina編集部

「もったいない野菜でおいしく健康に」をテーマに、ドリンクレシピや野菜の知識などをお届けします。

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!