nomina

まいにちの野菜を、もっとしあわせに。

2020-10-06更新

超コスパで簡単に作れる、お手製フルーツゼリー

スイーツ

物価が高騰して、野菜を買うのもためらってしまう今日このごろ。

とくにフルーツはお祝い事や季節のイベントなど、何かきっかけがないとなかなか奮発する勇気がわきませんよね。

でも子どもはフルーツ大好き。おまけにおいしくて栄養たっぷりなので、子どもにはできるだけ食べさせてあげたいもの。

そこで!今回は自宅で簡単に作れるフルーツゼリーをご紹介します!

実はゼリーを作るのに必要な材料のほとんどは「水」って知っていますか?

水だけでボリュームを出せて、おまけにフルーツも缶詰を使えばコスパ最強のとびきりデザートになっちゃいます!作り方もとても簡単なので、ぜひお子さんと一緒に挑戦してみてください!

 

お手製フルーツゼリー

材料(3~4人分)

フルーツ缶詰(もちろん生のフルーツをカットしたものでもOK)
お好みで
ゼラチンパウダー
5g
砂糖
大さじ2
500ml
作り方
  1. 湯を沸かしてゼラチンを溶かす
     

    鍋に水を入れて火にかけます。お湯が沸騰したら火を止めて、ゼラチンパウダーを加えてよく混ぜます。

    板ゼラチンを使う場合は、あらかじめ板ゼラチンを水に浸けてふやかしておいてくださいね。ふやかした板ゼラチンをお湯に入れると簡単に溶けます。

    ゼラチンが溶けたら砂糖を加えてゼリーの素が完成!

    ちなみにゼラチンを加えたあとにお湯を沸騰させると固まりにくくなるので、ゼラチンを加えてからは沸騰させないこと!

  2. 型に入れて冷やす
     

    フルーツを型に入れたら、荒熱がとれた①を型に流します。今回は寒天用の型を使いましたが、型はグラスなど何でも構いません。

    冷蔵庫で一時間以上冷やして固まったら完成です!
     

 

お手製フルーツゼリーをおいしく作る秘訣


お手製だからこそ自由にアレンジできるのが、このレシピの楽しいところ。

今回のレシピは、一般的に市販されているよりゼリーよりもやや柔らかめの仕上がりになります。
お子さんがまだスプーンやフォークを上手に使えない場合は、ゼラチンの量を2~4g程度増やして固めのゼリーにした方が、テーブルが汚れずに済むのでオススメ。

逆に飲むゼリーのように滑らかな口当たりが楽しみたければ、ゼラチンパウダーを1g程度減らすか、缶詰の甘いシロップを50ml程度加えるかなどしてみてください。

水の代わりにフルーツジュースを使ってもおいしいですよ!

 

ゼラチンを使うメリット

フルーツをたくさん食べたい子どもにも満足なボリュームを低コストで作れるというのは大きなメリットですよね。しかも混ぜて冷やすだけですから作るのも簡単!

でもゼリーのメリットはこれだけではありません。

実はゼラチンは動物性の高タンパク質食品です。
糖分と脂肪分がまったく含まれていないタンパク質100%で消化吸収に優れ、コレステロールやプリン体もごくわずかにしか含まれていません。

もちろん低カロリーなので、きび砂糖や黒砂糖などを使えばダイエット食品にもなっちゃうんです。

さらにゼラチンは身体機能を維持するために欠かせないアミノ酸の一種で、とくにコラーゲンは睡眠の質や美容などに効果的に作用する成分として知られています。

代謝の促進や関節、骨、血管機能の補助など、ダイエットや美容だけでなく子どもの成長にも役立つ食品なんですよ。

おまけにゼラチンにはにおいや味がほとんどないため、好みの味つけがしやすいのもいいですね。
 

アレンジたくさん!お手製ゼリーを楽しもう

お手製フルーツゼリーは、ゼラチンさえあればいつでも簡単に作ることができます。

フルーツがなくてもコーヒーを混ぜてコーヒーゼリーにしたり、紅茶を混ぜて紅茶ゼリーを作ったりなど、ほんの少し大人な楽しみ方をするのもいいですね。

ベジタブルストックと塩を加えてゼリーにしてからクラッシュすれば、料理用のソースとしても使えます。アイデア次第でいろいろな形に化けるお手製ゼリー、ぜひお試しください!
 
 

Pocket   はてブ   保存
MTWアキ

この記事を書いた人

MTWアキ

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!