nomina

まいにちの野菜を、もっとしあわせに。

2020-07-29更新

屋台風と外国風2種類の味が楽しめる♡サクッホクッ揚げじゃがバター

おかず

 
お祭りなどの屋台で必ず売っているじゃがバター。
病みつきになるおいしさですよね。

今回はそんな屋台で出しているような、揚げじゃがバターレシピの紹介です。

ちょこっとアレンジで、衣にシーズニングを混ぜて作る、洋風な味わいも楽しめます。

衣をつけて揚げるのが面倒でも、この一手間がじゃがバターをとってもおいしくしますよ!
 

 

材料(2人分)
じゃがいも
2個
小麦粉
大さじ2
大さじ2
適量
シーズニング(お好みで)
小さじ1/2~1
バター
適量
お好みのトッピング(青ネギ、コーン、パセリなど)
適量
塩・胡椒
少々
作り方
  1. じゃがいもをタワシでよく洗い、芽がある場合は、取り除きます。
     
  2. キッチンペーパーを濡らして軽く絞り、1.のじゃがいもに巻いて、その上からラップを軽く巻いたら、電子レンジ(600w)で5分加熱します。
     
  3. じゃがいもを加熱している間に、ボウルに小麦粉と水を混ぜて、衣を作っておきます。
    屋台風の味にする場合は小麦粉と水だけ、洋風な味にする場合は、小麦粉と水に、BBQ用などの好きなシーズニングを加えます。
     
     
     
    ※ 2個目のじゃがいものときにシーズニングを入れると、屋台風と外国風の2種類の味が楽しめます。
  4. 2.のじゃがいもに爪楊枝などを指して、スッと刺さったら、トングなどを使って3.の衣をつけ、180°の油で揚げます。
     
     
     
    ※ 火傷に注意してください。
    ※ じゃがいもが固い場合はさらに1分程加熱します。
    ※ 熱した油に爪楊枝などの先を入れ、泡が出たら揚げられます。
  5. たまにじゃがいもを裏返し、衣がきつね色になったら取り出して油を切ります。
     
     
  6. 器に移して、ナイフで十字に切り込みを入れ、バター、お好みのトッピング、塩・胡椒を振りかけて完成。
     
     
     
    ※ 衣にシーズニングを加える場合は、塩・胡椒はかけないか、少なめでOK。

薄い衣で外がカリッ、中がホクホクの、おいしいじゃがバターです。

衣にシーズニングを加えることで、また違った味になり、外国風でちょっとお洒落なじゃがバターになります。
余ったシーズニング入りの衣は、エリンギやブロッコリーなど好きな野菜につけて揚げるとフリッターになります。

トッピングもシーズニングの味に合わせて色々と変えてみてくださいね。
 

 
 

Pocket   はてブ   保存
toz

この記事を書いた人

toz

野菜・果物がいちばん好き! 料理が苦手、面倒という方でも試してみたくなるような、いろんな野菜を使った簡単レシピを紹介します。

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!