nomina

まいにちの野菜を、もっとしあわせに。

2020-02-21更新

【離乳食後期∼】お祝い事のときには!”ちらし寿司”風ごはんレシピ

離乳食

ひな祭りや、こどもの日、七五三などのお祝い事の時に欠かせないちらし寿司!

離乳食後期からでも食べられる”ちらし寿司”風ごはんのレシピを紹介します。

離乳食完了期以降からは、すし酢を加えてみてもいいですね。
ぜひ試してみてください!

すし酢レシピ

完了期以降の場合は、お酢(すし酢)にトライしてもいい時期です!

今回は、砂糖・塩の量が控えめのすし酢の作り方と、通常量のすし酢の作り方2種類をご紹介します。
お好みで、分量を変えてもOKです!

砂糖と塩控えめのすし酢(ご飯・軟飯1合分)

米酢
大さじ2(30ml)
砂糖
小さじ2(10g)
少々

一般のすし酢(ご飯・軟飯1合分)

米酢
大さじ2(30ml)
砂糖
大さじ1強(17g程)
小さじ1強(7g程)

どちらも砂糖と塩が溶けるまでよく混ぜて完成です。

”ちらし寿司”風ご飯の作り方

材料
軟飯
1合分
にんじん
1/8本(40g程)
ほうれん草
1/2株
いんげん
5本(20g程)
しいたけ
1個
1個
魚の切り身(刺身用の魚)
3∼4切れ
だし汁
150ml
※完了期以降∼
(お好みで)すし酢
大さじ2
作り方
  1. 飯をお釜で炊いておきます。
  2. 野菜はそれぞれ食べやすい大きさにカットします。
    しいたけは、細かく刻みます。
  3. 鍋ににんじん、しいたけ、だし汁を入れ中火で煮ます。
    沸騰してしばらくしたら、弱火にしてほうれん草の茎の部分、いんげんを入れて煮ます。
  4. 野菜が柔らかくなってきたら、ほうれん草の葉を入れます。ほうれん草も柔らかく、くたっとなったら火を止めます。
  5. お刺身は沸騰したお湯に入れて、火が通るまで茹でます。
  6. フライパンに油(オリーブオイル)を引き、溶き卵を入れそぼろを作ります。
  7. 完了期∼すし酢を入れる場合、炊いたご飯にすし酢を入れ、よく混ぜ合わせます。
  8. 野菜と魚をご飯に混ぜます。
  9. 器に適量盛りつけ、卵そぼろを振りかけて完成。

余った混ぜご飯と卵そぼろは小分けにして冷凍保存にします。

魚は、サーモンと鯛を使いましたが、他の魚やエビなどにしても◎

初めての酢飯は嫌がる可能性が高いですが、少しずつお酢に慣れさせていけば、食べられるレシピが増やせますよ!

 
 

Pocket   はてブ   保存
toz

この記事を書いた人

toz

野菜・果物がいちばん好き! 料理が苦手、面倒という方でも試してみたくなるような、いろんな野菜を使った簡単レシピを紹介します。

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!