nomina

まいにちの野菜を、もっとしあわせに。

2020-09-10更新

【裏ワザ】キャベツ・レタスの葉を破らずきれいに取る!!超簡単な方法

スタディー

 
ロールキャベツやレタス包みを作るときに、葉1枚を破らずに取りたくても、うまくいかずにイライラしたことありませんか?

特に、キャベツの芯に近づくほど、葉をきれいに取るのは至難の技ですよね。

ここでは、そんなキャベツやレタスの葉を破らずにきれいに剥がす、簡単な裏ワザ方法を紹介します。

面倒な作業もなく、失敗しにくい方法なので、イライラすることがありません!

 

 

材料
キャベツまたはレタス
1玉
水道水
適量

 

やり方
  1. キャベツまたはレタスの芯のあるお尻の部分を、表面が平になるようにカットします。
     
     
  2. キャベツは、葉の芯の根元に包丁で切れ目を入れます。
     
     

    芯に向かって斜めに包丁をいれ、ある程度の深さまで差し込むように包丁で切り込みを入れます。

     

    そのまま斜めの状態の包丁を立てて、芯と葉の茎部分を切り離します。必要な枚数分、見えている茎部分に同じように切り込みを入れます。

  3. キャベツ/レタスを丸ごと持ち、一番上の葉先の部分から、水道水を葉が重なりあった隙間に入れていきます。
     

    ※ 一枚の葉全体に水がいくように、隙間全体に水を入れます。

  4. 葉が水の重さで自然と剥がれたら、水を止めます。
  • キャベツの葉がしっかりと巻かれていていると、剥がれにくいことがあります。
  • なかなか剥がれてこないこともありますが、色々な方向から水を入れて、慌てずゆっくりやることがコツです!
  • レタスの場合は葉が柔らかいので、水道水を出す勢いを優しくすると、葉が破れにくくきれいに剥がれます。
  • 残ったキャベツやレタスの中に水が入っているので、水気をよく切り、保管するときなどはビニール袋に入れるなどして、取り扱いに注意してください。

 

 

ロールキャベツを作るときに、葉をきれいに取るために色々と試してみましたが、時間がかかったり、上手くいかないことがほとんどでした。

たまたまレタスを丸ごと洗っていると、葉がきれいに落ちたことから、キャベツでも試してみたところきれいに剥がせました。

今まで試した中で一番簡単で失敗しにくく、剥がれたとき気持ちがいいです!
ぜひ試してみてください。
 
 

Pocket   はてブ   保存
toz

この記事を書いた人

toz

野菜・果物がいちばん好き! 料理が苦手、面倒という方でも試してみたくなるような、いろんな野菜を使った簡単レシピを紹介します。

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!