1周年

nomina

もったいない野菜をドリンクに

2019/10/08更新

製氷皿で作り置き!「ポタージュキューブ」で即席スープを楽しもう

スープ

少し肌寒くなってくると、ミルクスープやポタージュスープなど、こっくり温かいスープがおいしくなりますよね。

一から作ると時間と手間のかかるポタージュスープは、製氷皿で「ポタージュキューブ」を作っておけば、手早く即席スープができあがるんです。
 

ポタージュキューブってなに?

ポタージュキューブとは、ポタージュスープの元となるペーストを製氷皿に入れて冷凍したもの。

飲みたいときに、温めた牛乳に溶かすだけで即席ポタージュスープが楽しめるんです。

今回はかぼちゃとほうれん草、2種類のポタージュキューブを作りました。

材料
かぼちゃのポタージュキューブ
かぼちゃ
1/4
玉ねぎ
1/2
コンソメ
大さじ1
バター
10g
塩コショウ
少々
50ml
ほうれん草のポタージュキューブ
ほうれん草
3株
玉ねぎ
1/2
コンソメ
大さじ1
バター
10g
塩コショウ
少々
50ml

 

かぼちゃのポタージュキューブ

 

作り方
  1. かぼちゃの種とワタをスプーンでくり抜き、皮を剥いたら、縦に4等分にします。
    4等分にしたら熱が通りやすいよう1~2cm幅にカットします。
     

  2. 耐熱皿に移し、ふんわりとラップをかけ、500Wで2分加熱します。
  3. 玉ねぎは皮を剥き、薄くスライスします。
  4. かぼちゃの加熱が終わったら、耐熱皿に玉ねぎ、バターを加えさらに2分半加熱します。
    全ての材料に熱が通り、柔らかくなったら粗熱を取ります。
  5. 粗熱が取れたらミキサーに4と水を入れ、滑らかになるまで撹拌します。
  6. 5を鍋に移し、コンソメと塩コショウを加え、弱火でよく混ぜ合わせます。
     

    お好みですが、牛乳に溶かすことを考え、味付けは濃いめにしましょう。

  7. 粗熱が取れたら完成したペーストを製氷皿に移し、冷凍したら完成です。
     

    △黄色:かぼちゃ 緑色:ほうれん草

ほうれん草のポタージュキューブ

 

作り方
  1. 玉ねぎの皮を剥き、薄くスライスします。ほうれん草は洗ってざく切りにします。
    バターと一緒に耐熱皿に入れ、ふんわりラップをかけ500W2分加熱します。
  2. 全ての材料に熱が通り、柔らかくなったら粗熱を取ります。
  3. 粗熱が取れたらミキサーに2と水を入れ、滑らかになるまで撹拌します。
  4. 3を鍋に移し、コンソメと塩コショウを加え、弱火でよく混ぜ合わせ煮詰めます。
     

  5. 粗熱が取れたら完成したペーストを製氷皿に移し、冷凍したら完成です。

 

ポタージュキューブの楽しみ方

飲み方は150mlの牛乳にポタージュキューブ1~2個を入れ溶かすだけ!
時間のない朝も、体が温まるポタージュスープが楽しめます。

ポタージュキューブを溶かしたあと、パセリや生クリームを加えると風味やコクがUPします。

また、お好みで牛乳を豆乳に変えてもおいしくいただけます。
お子さんの分は牛乳で、自分は豆乳で少しヘルシーに、と簡単に変えられるのも◎!

他にも、解凍したポタージュキューブを加えたオムレツなど、お料理としてのアレンジも楽しめます。
 

手軽においしいスープで温まろう

今回ご紹介したレシピは、かぼちゃとほうれん草ですが、トマトペーストや人参ペーストなどバリエーションもたくさん!

一度ポタージュキューブを作り置きしておけば、忙しい朝や、小腹が空いたときも簡単に本格ポタージュスープが楽しめます。
 
 

Pocket   はてブ   保存
nomina編集部

この記事を書いた人

nomina編集部

「もったいない野菜でおいしく健康に」をテーマに、ドリンクレシピや野菜の知識などをお届けします。

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!