nomina

もったいない野菜をドリンクに

2019/10/28更新

電子レンジで5分!丸ごとカブの栄養満点スープ

スープ

肌寒い日も増え、温かいものを食べたくなる日が増えてきました。
今回は、今が旬のカブを使って、手軽に作れる栄養満点のスープをご紹介します。

レンジで簡単に作れるため、火を使いたくない方にもおすすめです!
また、カブを丸ごと使うことで、洗い物やゴミも少なく作ることができますよ。
 

ビタミンCはスープで摂取

カブは、ビタミンCやカリウム、カルシウムなどの栄養素を含んでいます。
中でもビタミンCは、風邪や病気を防ぐ免疫力の働きを助けるのに欠かせない栄養素です。また、皮膚や骨の生成に働きかけ、美白などの美容面でも優れた効果があります。

野菜に含まれるビタミンCは、茹でると水に溶けだしてしまいます。
そのため、スープにして丸ごと飲むことで、効率的にビタミンCを摂取することができます!
 

皮は食べられる?

カブを調理する時に、皮を剥いている方も多いかもしれません。
実は、カブの皮は剥かずに食べることができるだけでなく、皮にも栄養が含まれています。

アミラーゼは、胃腸の働きを促す消化酵素のひとつです。消化酵素は、食べた物の栄養を吸収し、不要なものを消化する働きがあります。

食物繊維は、腸内環境を整え、便秘の予防や改善に効果があります。

アミラーゼ、食物繊維ともに、カブの根にも含まれていますが、皮ごと食べることで無駄なく摂取することができます。

ただし、大きいカブを使用する際は、皮が硬く、食感が悪くなる可能性があります。
皮の硬さを確認してみてくださいね。

カブの葉は栄養満点

カブの葉は、緑黄色野菜に分類され、βカロテンが豊富に含まれています。βカロテンの抗酸化作用により、細胞の老化を防ぐ働きがあります。
また、根に比べて約10倍ものカルシウムが含まれています。カルシウムは骨粗しょう症や高血圧の予防に効果があります。
ビタミンCも、根と比べて約4倍も含まれています。

参考:野菜検定公式テキスト 実業之日本社
葉の栄養がスゴイ! おいしいカブの見分け方・調理法【野菜と果物ガイド】

そんなカブの葉までしっかりと食べられ、且つ火を使わずに簡単に作れるカブのスープの作り方を見ていきましょう!
 

 

材料(1人分)
かぶ(根は直径5cm程度)
1個
200ml
コンソメキューブ
1/2~1個
少々
コショウ
少々
作り方
  1. カブは根と葉を分け、葉は1cmほどに細かく刻む。
     
  2. カブの根はラップで包み、600Wで2分、レンジで加熱。
  3. ラップから取り出したカブと、すべての材料を耐熱容器に入れる。ラップをふんわりとかけ、600Wで2分半~3分加熱。
     
  4. 完成!
     

あっという間にカブの栄養満点スープが完成です。
お好みで、仕上げにオリーブオイルを垂らしても美味しくなりますよ。

カブの根は柔らかくトロトロに、葉はシャキシャキ感があり、食感も楽しいスープです。
カブの大きさにより加熱時間が変わるため、硬さを見て調整してください。

洗い物やゴミが少なく、また火を使わないため手軽に作ることが出来ます。

カブを丸ごと食べて、余すことなく栄養を摂取しましょう!
 
 

Pocket   はてブ   保存
ゆうな

この記事を書いた人

ゆうな

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!