nomina

もったいない野菜をドリンクに

2019/08/06更新

旬の野菜を楽しもう!簡単にできる「冷製コーンポタージュ」

スープ

とうもろこしがおいしい季節、茹でてそのままかぶりつくのもいいですが、ぜひとも冷製コーンポタージュでとうもろこしの甘さを存分に楽しみたいですよね。

今回ご紹介するのは、冷製コーンポタージュの簡単な作り方です。新鮮なとうもろこしを使う場合は、ほかに何も使わずミルクとバターだけでポタージュを作るのが一番。
でも、とうもろこしが旬でない季節に、真空パックのものや缶詰などを利用してポタージュを楽しみたい場合もありますよね。
そこで今回は、新鮮なとうもろこしに限らず、どんなとうもろこしを使って作ってもおいしく仕上がるポタージュの作り方をご紹介します!

暑気払いにはもちろん、スープを作り置きしてとうもろこしを大量消費するのにも最適ですよ。
 

 

材料(3~4人分)

とうもろこし(生、真空パック、缶詰など)
2本
玉ねぎ
1個
牛乳
800ml
バター
10g
作り方
  1. とうもろこしの皮をむく
     

    とうもろこしに皮がついている場合は、ひげと一緒に除去します。とうもろこしの缶詰を使用する場合は③から、真空パックの芯つきとうもろこしを使う場合は②から始めてください。

  2. とうもろこしをバラバラにカットする
     

    とうもろこしの芯に沿って包丁を入れ、実を外します。

  3. 玉ねぎを処理する
     

    玉ねぎの皮を剥き、芯をくり抜いて取り除きます。

  4. とうもろこしと玉ねぎを器に入れ、ラップをかける
     

    大きめの耐熱容器にとうもろこしの実とたまねぎを入れ、ラップをふわっとかけます。玉ねぎはカットしても構いませんが、丸ごと入れてもOK。

  5. 電子レンジで加熱する
    ラップをした容器を電子レンジに入れ、600wで5分加熱します。加熱後、器が熱くなっているので取り扱いに気をつけてくださいね。
     

    ラップを外したらすぐにバターを加えます。

  6. 混ぜる
     

    スプーンなどを使って、玉ねぎを崩すようにして全体をよく混ぜます。玉ねぎは加熱によって柔らかくなっているので、簡単に崩すことができます。

  7. 牛乳を加えてミキサーにかける
    バターが全体に行き渡ったら牛乳を加え、ハンドブレンダーでミキサーします。
    牛乳の量に対して容器が小さい場合は、大きめのボウルなどに移して作業してください。また、ミキサーを使っても構いません。
     

    ミキサーを使う場合は、牛乳と具材の対比はあまり気にせず、とにかくとうもろこしと玉ねぎを細かくできれば問題ありませんよ。

  8. ザルで濾す
    ミキサーしたら、ザルで濾します。できるだけさらさらのポタージュにしたい場合はあと200mlほどの牛乳を加え、キッチンタオルやサラシなどを使って濾してください。
     

  9. 冷まして完成!
     

    荒熱がとれたら、大きめの保存容器などに移して冷蔵庫で保存してください。これでいつでもひんやり冷たくコクのある冷製コーンポタージュが楽しめます!できるだけ早めにお召し上がりください。

このレシピがあれば、季節を問わずいつでもおいしいコーンポタージュが楽しめます。
意外ととうもろこしは鮮度に味が左右されるので、とうもろこしがおいしい時期には玉ねぎを加えず、ぜひとうもろこしと牛乳、バターだけでお試しください。

とびっきりのポタージュが味わえますよ!
 

Pocket   はてブ   保存
MTWアキ

この記事を書いた人

MTWアキ

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!