nomina

まいにちの野菜を、もっとしあわせに。

公開日:2022-09-03

【常備菜】アレンジ豊富!たっぷりきのこの簡単ペペロン炒め

もう一品

 

残暑が終わりに近づくにつれて、きのこがおいしくなる季節がやってきますよね。
今回は3種類のきのこをたっぷりと使った、簡単で便利な常備菜をご紹介します。

きのこの旨味とにんにくの香りが相性抜群で、食欲そそる一品です。
メイン料理の付け合わせや、パスタやオムレツの具材にアレンジするのもOK!
万能常備菜なので、たくさん作って常備しておきましょう。

 

 

材料(2〜3人分)
しめじ
1/2株
舞茸
1/2株
しいたけ
大3個
オリーブオイル
大さじ1
にんにく
1片
☆酒
大さじ1
☆しょうゆ
大さじ1
塩こしょう
適量
鷹の爪(輪切り)
お好みの量
作り方
  1. しめじ、舞茸は石づきをとって手でほぐし、しいたけは食べやすく切る。
    にんにくはみじん切りにする。
     
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくと鷹の爪を入れて、香りが出るまで弱火 で炒める。
     
  3. しめじ、舞茸、しいたけを加えて中火で炒める。
     
  4. しんなりしてきたら☆の酒としょうゆを入れ炒め合わせ、塩こしょうで味を整える。
     
  5. 容器に移して粗熱をとったら完成。
     

 

作り方のポイント


 

にんにくと鷹の爪は焦がさないように弱火で炒め、きのこを入れてからは素早く中火で炒めるのがポイントです。

今回はしめじ、舞茸、しいたけを使いましたが、どんなきのこにも相性の良い味付けです。
ぜひお好みのきのこで作ってみましょう!

もしえのきを使う場合は、火が通りやすいので注意してください。
他のきのこにある程度火を通したあとに加えると、食感が残っておいしくなります。

 

きのこのおいしい保存方法


 

きのこが余ったら、食べやすくほぐした状態で保存袋に入れて密閉しましょう。

きのこは水分が出やすいので、購入時のパックのままでは湿気が発生しやすくなってしまい
ます。
なるべく早く処理をして、正しく保存するのが長持ちさせるコツです。
 

きのこは洗わなくてOK

きのこは水洗いすると風味が落ちてしまうので、洗わずに保存するのが正解です。

もし水で洗ってしまうと風味が落ちるだけでなく、ビタミンB群やカリウムといった栄養素は水溶性のため、栄養成分も失われてしまいます。

汚れが気になる場合はキッチンペーパーで拭き取りましょう。
 

きのこは冷凍保存がおすすめ

すぐに使わない場合には、冷凍保存するのがおすすめです。
きのこは手に入りやすい便利な食材ですが、冷蔵だと水分が出やすく、傷みやすいのが難点です。

鮮度が落ちる前に冷凍すれば、おいしさを保ったままで長期保存ができます。

さらに冷凍保存のほうが、栄養価が高まるというメリットもあります。
冷凍により細胞膜が破壊されることで、加熱したときに溶け出す栄養素の量が、なんと約3倍以上アップするといわれています。
 

きのこの冷凍保存期間

冷凍保存したきのこは、約3〜4週間を目安に使い切ってください。

解凍はせずに、凍ったままで使うのがおすすめです。
煮込み料理やスープなど、旨味や栄養素を逃すことなく味わえる調理方法に適しています。

 

たっぷりきのこを楽しもう!

今回はきのこを使った常備菜のレシピをご紹介しました。

副菜やお弁当のおかずにしたり、アレンジ料理に活用したりと、さまざまなたのしみ方ができます。

きのこをたっぷり味わって、栄養もおいしさも余すことなくいただきましょう!

 
 

Pocket   はてブ   保存
モモ

この記事を書いた人

モモ

料理と食べることが大好きなアラサー主婦です。
「楽しく・ゆるく・健康的に」をモットーに、日々の献立やレシピをSNSで発信中。
ズボラさんでもおいしく野菜を楽しめる、簡単レシピや情報をお届けします!

カテゴリー

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!