nomina

まいにちの野菜を、もっとしあわせに。

2022-02-16更新

サクジュワがおいしいベーコンチーズアスパラのワンタン巻き

もう一品

 
ワンタンの皮はスープに入れることで、もちもちとした食感になり、つるっと食べられるのが特徴ですが、餃子の皮や春巻きの皮のように、パリパリにしてもおいしいですよ。

今回は、余ったワンタンの皮でも作れる、ベーコンチーズアスパラ巻きのレシピを紹介します。
 

 

材料(作りやすい分量)
アスパラガス
4本
スライスチーズ
4枚
ベーコン
4枚
ワンタンの皮
16枚〜
サラダ油
適量
作り方
  1. 材料の準備をする。
    アスパラは根本の硬い部分を切り取り、硬い皮の部分をピーラーなどで取り除いたら、5cmほどの長さ(ワンタンの皮よりも1.5〜2cmほど短め)に切る。
     

    スライスチーズは十字に切って4等分にする。
     

    ベーコンはアスパラよりも少し大きめの幅に切る。
     

  2. ワンタンの皮にベーコン、チーズ、アスパラをのせ、ワンタンの皮の端(左右・奥)に水で濡らしてから巻く。
     

    ※ 空気がなるべく入らないようにぴったり巻くのが◯
  3. 巻き終わりはワンタンの皮が重なるようにしてくっつける。両端は、皮を押しつぶすようにしてくっつける。
    ※ このとき皮が破れないように注意!
     
  4. ②〜③を繰り返して、全ての材料を巻く。
     

    ※ 余った食材もワンタンの皮で包みました。
  5. フライパンに多めのサラダ油を熱し、巻き終わりが下になるように揚げ焼きする。
    きつね色になったら裏返し、全体がきつね色になったらバットなどにあげる。
     
  6. 余分な油を切って、お皿に盛り付けたら完成。
     

追加で味付けをしなくても、ベーコンとチーズの塩味がちょうどよく、おいしいです。

外がサクサクで中がもちっとしたワンタンの皮に、ベーコンやチーズがジュワッとするので、温かいうちに食べるのが◎
冷めてしまったらオーブントースターで温め直すと、パリパリ感がある程度戻りますよ。
 
 

産地直送野菜をおトクに購入!
Pocket   はてブ   保存
toz

この記事を書いた人

toz

旦那と食事の好みが合わない…
気分や食材でご飯を食べてくれない3歳の娘…
献立を考えるのが面倒すぎる…
そんな日々の中でも、家族のため懸命にごはんを作り続ける、食育実践プランナー。

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!