nomina

まいにちの野菜を、もっとしあわせに。

2021-12-21更新

スープまで美味しく体が温まる!基本のロールキャベツ

おかず

 
ジューシーなハンバーグタネをキャベツで包んでじっくり煮込んだロールキャベツは、洋食料理の定番ですね。

スープまで美味しいロールキャベツは、寒い季節に体の中から温まるおすすめの1品です。

基本の作り方を覚えておきましょう。
 

ロールキャベツのレシピ

材料(4人分)
キャベツの葉
8枚
ハーフベーコン
1パック

 
ハンバーグタネ

合い挽き肉
250g
1個
たまねぎ
1/2個
パン粉
大さじ3
牛乳
大さじ2

 
煮込みスープ

500ml
固形コンソメ
2個
ローリエ
1枚
塩コショウ
少々
作り方
  1. キャベツの根元の部分に包丁を入れて葉をはがす。
     
    img
  2. 鍋に水を入れて沸騰させ、①を入れて茹でる。
     
    img
  3. しんなりしたらザルにあげて冷ます。
  4. ボウルにハンバーグタネの材料を入れてよく混ぜ8等分にする。
     
    img
  5. キャベツを広げて④を包んで巻く。
     
    img
  6. 鍋に⑤を入れてベーコンをのせ、煮込みスープの材料を入れて火にかける。
     
    img
  7. 沸騰したら火を弱めて蓋をし、30分ほど煮込んで完成。
     
    img

スープまで美味しいメインディッシュ

 
img
 
ハンバーグタネをキャベツで包んで、じっくり煮込んだロールキャベツ。少々手間がかかりますが、手作りのロールキャベツの優しい味わいは格別!

じっくり煮込むことで素材の旨みが溶け出して、ロールキャベツもスープもまるごと美味しく頂けます。

寒い季節は汁気のあるメニューが欠かせませんが、ロールキャベツならメインディッシュもスープもまとめて堪能できるので、1品で満足の食べごたえを楽しめますよ。

今回はコンソメベースで素材の味わいを感じるロールキャベツですが、ほかにもトマト煮込みやクリーム煮などいろいろなレシピがあります。

基本のロールキャベツの作り方を覚えておけば味付けのアレンジを楽しめますので、ぜひおさえておきましょう。
 

ロールキャベツを上手に作るコツ

 
①キャベツの葉を綺麗にはがす
 
img
 
ロールキャベツの最初の難関といえば、キャベツの葉をはがすこと。

まずは、キャベツをまな板の上におき、1番外側の葉の根元を探して包丁で切り込みをいれましょう。その際、包丁の刃でキャベツの葉と葉の間に隙間ができるよう斜め上に持ち上げるとはがしやすくなります。

1枚はがれたらまた次のキャベツの葉の根元に切り込みを入れる工程を繰り返して、必要な分だけキャベツの葉をはがします。

グルリと芯をまとめてくり抜く方法もありますが、グラグラ動くキャベツをおさえながらくり抜くのは少し難しく感じるかもしれません。1枚ずつ切り離す方法なら簡単ですよ。

 
②煮崩れ対策をする
 
img
 
茹でて冷ましたキャベツは、硬い根元の部分をそぎ切りにして切り落としておくと巻きやすくなります。切り落とした分は捨てずに一緒に入れて煮込んでしまいましょう!

キャベツを広げたらハンバークタネを手前におき、左右の葉を重ねて強めに引っ張りながら巻きます。ふんわり巻いてしまうと、煮込んでいるうちに外れて煮崩れの原因になるので注意してください。

また、煮込む際には、できるだけきっちりロールキャベツが入るサイズの鍋やフライパンを用意することをおすすめします。隙間があると動いてこちらも煮崩れの原因になります。

厚手の鍋がおすすめですが、なければフライパンでも大丈夫です。蓋をして少し弱めの火でじっくり煮込みましょう。

キャベツがだんだん膨らんできますので、気になるようでしたら途中でときどき蓋をあけて蒸気を逃がすとおさまります。

 
img
 

今回は寒い季節のメインディッシュにおすすめのロールキャベツをご紹介しました。

ロールキャベツは3〜4日ほど日持ちしますので、作り置きにもおすすめのメニューです。

少し手間がかかり煮込み時間も必要なため、平日の晩ごはんにパパっと作るにはハードルが高いですが、時間がある休日などにまとめて作っておけば平日がグンと楽になります。

基本のロールキャベツの作り方をおさえて、ぜひいろいろなアレンジを楽しんでみてくださいね。

 
 

産地直送野菜をおトクに購入!
Pocket   はてブ   保存
Happy

この記事を書いた人

Happy

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!