nomina

まいにちの野菜を、もっとしあわせに。

2021-01-29更新

柚子はちみつと生姜をプラス。ひき始めの風邪にはアレンジ緑茶が◎

ドリンク

 
空気が乾燥した寒い季節は、気をつけていても喉が痛くなってしまったり、風邪の初期症状が出やすい時期。

そんなときは、緑茶に柚子はちみつと生姜をプラスして、ほっと一息しませんか?

抗ウィルス作用のある緑茶に、抗菌作用、リラックス効果などが期待できる柚子はちみつ、体を温める生姜を組み合わせれば、風邪のひき始めに効果が期待できます。

日本人としては緑茶にはちみつ!?と思うかもしれませんが、海外では緑茶にはちみつを入れて飲むのはスタンダード。

組み合わせてみると、その美味しさにやみつきになってしまうかもしれません!

 

 

材料
柚子はちみつ漬け

柚子の実の部分
1個分
はちみつ
適量

 
 
アレンジ緑茶

柚子はちみつ漬け
適量
生姜
一欠片ほど
緑茶茶葉
適量
お湯
適量

 

作り方

 

柚子はちみつ漬け
 

  1. 柚子はちみつを保存するための耐熱容器は、熱湯消毒をしたり、煮沸消毒しておきます。
     
    ▽煮沸消毒の仕方
    保存食を長くおいしく楽しむための正しい「煮沸消毒」のやり方
  2. 柚子をきれいに洗い、皮を剥きます。皮の一部は白い部分を削ぐようにして取り、細かい千切りにします。
     

    ※ 残った皮は別の用途で使えるため、水気を取ってジップロックに入れ冷凍保存します。
     

  3. 輪切りにするように切り、種を取り除いて実をほぐします。
     
  4. ①の容器に千切りにした柚子の皮と③の実を入れ、柚子が浸るようにはちみつを入れます。
     
  5. 蓋をして半日〜1日、冷蔵庫で寝かせます。
    2時間おきくらいに容器を軽く振って混ぜると、はちみつと柚子が馴染みやすくなります。
  6. はちみつが少しサラッとしたら完成。

 
柚子はちみつ漬けは、お湯に溶かして飲んだり、ヨーグルトに入れても◎
2週間ほどで使い切ると安心です。

柚子の実の部分が余ったら、はちみつ漬けがおすすめです!

 

 

アレンジ緑茶
 

  1. お湯を沸かします。
  2. 生姜をすりおろし、茶漉しなどを使って汁を取ります。
     
  3. 茶葉とお湯を急須に入れ、1分ほど待ちます。
  4. 湯飲みに2の生姜汁と柚子はちみつ漬けを入れます。
     

    ※ 生姜汁は入れすぎると辛くなってしまうので、少しづつ足していってください。

  5. 3の緑茶を注いだら完成。

生姜はチューブを使ってもOK。
チューブから出したそのままの状態で、味を見ながら入れてください。

生姜についての効能を解説した記事もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


 
 
 

Pocket   はてブ   保存
toz

この記事を書いた人

toz

旦那との食事の好みが合わない…イヤイヤ期真っ最中の2歳の子供に料理を作っても食べてもらえない…献立を考えるのが面倒すぎる…そんな日々の中でも、家族のため懸命にごはんを作り続ける、食育実践プランナー。

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!