nomina

もったいない野菜をドリンクに

2019/03/11更新

心も体もスッキリ!りんごはちみつ漬けと梨の炭酸水割り

ウォーター

 
フルーツを買って食べてみたら、あまり甘くなくてガッカリ…

なんてことはありませんか?

捨てるのももったいないし、でも美味しくないのを無理して食べるのもなんか嫌。

そんな時ははちみつ漬けにしてしまいましょう!

出来上がるのに少し時間はかかりますが、一度作ってしまえば数日は保存でき、他のレシピにも使えます。

今回はりんごのはちみつ漬けを作って、体をスッキリしてくれる炭酸水で割るレシピの紹介です。
梨も入れて、疲労回復、便秘解消などの効果にも期待。

もし傷んだりんごや梨がある場合は、あえてその部分を使ってもったいないを減らしましょう!
 

 

材料 (1杯分)
りんごはちみつ漬

りんご
1個
はちみつ
適量(りんごが浸るくらい)

 
 
フルーツ炭酸水

りんごはちみつ漬
スライス5枚〜お好み
りんごはちみつ漬のはちみつシロップ
スプーン1杯〜お好み
1/16 〜 1/8 個
炭酸水
200ml
適量

 
 

作り方

 

    りんごはちみつ漬
     

  1. りんごを塩でよく洗います。
    皮のまま使うので、塩で洗っています。
  2.  


     

  3. 洗ったりんごを皮のまま薄くスライスにします。
     
    切り方はなんでもOK!
    ここでは輪切りスライスにして、真ん中の種の部分をクッキーカッターなどでくり抜いて半分にしました。
  4.  


     

  5. 熱湯消毒した耐熱皿や瓶に2のりんごを平らに入れ、はちみつを入れます。
     
    はちみつの量はお好みですが、りんごスライスの2、3枚目が浸かるくらいは入れましょう。
  6.  


     

  7. 冷蔵庫に入れて、半日〜1日置いておきます。
     
    りんごから水分が出てくるのと、はちみつが下に溜まってしまいます。
  8.  


     

  9. 2時間おきくらいに、はちみつとりんごを混ぜてくださいね。
     
    これでりんごはちみつ漬は完成です。
     

  10.  


     

 

りんごはちみつ漬けだけでも、他のフルーツとあわせても、お水やお湯、ソーダ水に入れて美味しくいただけます。

 

 

    フルーツ炭酸水
     

  1. 梨は皮を剥いてスライスにします。
     
    ここでは一度くし切りにして、横半分に切り、スライスしました。
    ちょっと傷んだ部分があったので、そこを使用しています。
  2.  


     

  3. グラスにはちみつりんご漬、1の梨、氷を入れ、炭酸水を注ぎかき混ぜたら完成。
  4.  


 

りんごはちみつ漬の甘さと、梨のさっぱり感が合い、美味しくいただきながら炭酸水を飲むことができますよ。
 
 
 

Pocket   はてブ   保存
toz

この記事を書いた人

toz

野菜・果物がいちばん好き! 料理が苦手、面倒という方でも試してみたくなるような、いろんな野菜を使った簡単レシピを紹介します。

カテゴリー

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!