nomina

まいにちの野菜を、もっとしあわせに。

2020-07-22更新

旬のブルーベリーを美味しく食べよう!冷凍保存の方法とアレンジレシピ

スイーツ

初夏にかけて旬を迎えるブルーベリーは、爽やかな酸味と鮮やかな色味が特徴のフルーツですね。
これからの時期は、国産のブルーベリーも店頭に出回りますし、各地のフルーツ園などではブルーベリー狩りも開催されています。
そこで今回は、フレッシュなブルーベリーを美味しく味わう冷凍保存の方法とアレンジレシピをご紹介します。
 

国産ブルーベリーは今が旬!

甘酸っぱくて鮮やかな色合いが特徴のブルーベリーは、ソースやジャムにしてヨーグルトやパンにのせたり、スイーツのトッピングにしたりするだけでカフェ風のおしゃれな仕上がりになるフルーツです。

また、後でご紹介しますが、冷やした牛乳やヨーグルトと一緒にミキサーで混ぜれば色鮮やかなスムージーになり、暑い季節の朝食でも美味しく飲み切ってしまえます。
鮮やかな見た目からもパワーがもらえそうですね!

輸入物のブルーベリーは1年を通して出回っていて冷凍商品もありますが、国産のフレッシュなブルーベリーの旬は6月から8月!
夏の時期に収穫され店頭に並びます。

良品の見分け方ですが、皮の青紫色が濃くてハリがあるものがおすすめです。また粒が大きなものほど甘いと言われているので、大粒のものを選びましょう。
またブルーベリーの表面についている白い粉は「ブルーム」と呼ばれるもので、農薬ではなく果実自らふき出したもので熟して食べごろのサイン!白い粉が残っているものを選びます。
 

ブルーベリーの保存方法①フレッシュのまま冷凍保存

ブルーベリーは樹上で完熟になるフルーツで収穫後は傷みやいため、早めに保存するようにしましょう。冷蔵保存の場合は水洗いはせずそのままポリ袋などに入れて野菜室で保存します。

水分が劣化の原因にもなりますので、食べる直前に水洗いして優しく洗って食べましょう。

冷蔵保存ですと数日しか日持ちしませんので、ブルーベリー狩りなどでたくさん手に入った時は冷凍保存がおすすめです。
冷凍する際には、先に汚れを取り除くために水洗いしてキッチンペーパーでそっと水気を拭き取ります。
丁寧に水気を取り除くことでブルーベリー同士がくっつかずに冷凍焼けの原因も防げます。

後はジッパー付袋などに入れて冷凍庫に移します。
1時間程度たったら一度取り出して中身をほぐすとバラバラになり使う時に取り出しやすくなりますよ。

ブルーベリーは色素成分であるアントシアニンや食物繊維、ビタミンCなど豊富な栄養が含まれていますが、これらの栄養は冷凍しても損なわれることはないと言われています。

食べる時は、全解凍してしまうと水分が流れ出て食感が悪くなってしまいますので冷凍のまま、もしくは半解凍程度で使用するようにしましょう。
 

ブルーベリーの保存方法②ソースにして冷凍保存

フレッシュなブルーベリーを美味しく保存するもうひとつの方法はソースやジャムにすることです。
砂糖を加えて煮ることで日持ちがよくなりますし、手作りなので甘さの調整もできます。

100%ブルーベリーの無添加なのも安心ですね。

今回は少量のブルーベリーでも手軽に作れる電子レンジを使ったブルーベリーソースの作り方をご紹介します。
冷凍保存する場合は、しっかり冷ましてからジッパー袋に入れ薄く広げて冷凍庫に移します。

冷凍後、ご紹介する分量でしたら薄く伸ばしておけばカチコチには固まることはないので、食べる時にはそのまま使えます。
ブルーベリーソースはヨーグルトやアイスにかけて食べるのがおすすめで、暑い季節に冷たいソースがよく合います。

ブルーベリーがたくさんある場合は、鍋でじっくり加熱しながら煮詰めてジャムにするのもおすすめです。ジャムの場合もよく冷ましてから同様に冷凍保存ができます。
 

材料:作りやすい分量
ブルーベリー
100g
砂糖
40g
レモン汁
大さじ1

 

作り方
  1. ブルーベリーを優しく水洗いしてから、キッチンペーパーで水気をよく拭き取る。
     
  2. 耐熱ボウルに1と砂糖、レモン汁を入れてざっくり混ぜ合わせる。
     
  3. 電子レンジ(500W)で3分加熱し、一度取り出してアクを取り除く。
     
  4. 再度電子レンジ(500W)で2分加熱する。
     
  5. とろみが少なければさらに電子レンジ(500W)で15~30秒程度加熱する。
    ※冷ますととろみがつきますので、加熱しすぎには注意しましょう。
    ※電子レンジの機種により時間は調整して下さい。

 

冷凍ブルーベリーの活用レシピ!ブルーベリーのスムージー

ここからは、冷凍保存したフレッシュなブルーベリーの活用レシピ「スムージー」をご紹介します。
バナナとヨーグルトもプラスして飲み応えも抜群!
冷凍したブルーベリーを使用するので、氷を入れなくてもよく冷えたスムージーに仕上がります。

色鮮やかな仕上がりが見た目にも爽やかですね。栄養豊富なフルーツと乳製品が1品でしっかり摂れるので暑くて食欲がない夏の朝食にもおすすめです。
はちみつでお好みの甘さに調整してくださいね。
 

材料:1人分
冷凍ブルーベリー
50g
バナナ
1/2本
ヨーグルト
70g
牛乳
30ml
はちみつ
小さじ1~

 

作り方
  1. 材料を全てミキサーに入れて、攪拌する。
  2. グラスに注ぐ。

 

今が旬のブルーベリーを楽しもう

今が旬のブルーベリーを美味しく味わう保存術とアレンジレシピをご紹介しました。
ブルーベリーがたくさん手に入ったら、鮮度が落ちないうちにフレッシュなまま、またはソースにして早めに冷凍保存し、長く楽しんで下さいね。
 
 

Pocket   はてブ   保存
Happy

この記事を書いた人

Happy

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!