1周年

nomina

もったいない野菜をドリンクに

2019/09/25更新

きのこは冷凍で旨味UP!便利な冷凍きのこを常備しよう

スタディー

秋の味覚と言われるきのこですが、1年中比較的安く手に入り、日頃のお料理でお世話になっている人もいるのではないでしょうか?

何かと便利な食材のきのこは、冷凍することでより長く保存でき旨味もUPします。

冷凍庫に常備しておけば、役立つこと間違いなし!
ぜひ今日から試してほしい「冷凍きのこ」を紹介します。
 

きのこの冷凍方法

数あるきのこ類ですが、冷凍の仕方は基本的にどれも「石づきを切り落とし、使いやすい大きさにカットして冷凍」と同じです。

おいしく冷凍するコツは、水洗いはしないこと。

汚れが気になった場合は、濡らしたキッチンペーパーなどで拭き取りましょう。
 

えのき

えのきは石づきを切り落とし、ほぐしてから保存袋に入れて冷凍します。

必要に応じて細かくカットしてもOK。

使うときは袋の上からほぐし、必要な量だけ凍ったままスープや炒め物に加えるだけです。
 

エリンギ

エリンギは根元を切り落とし、薄くスライスします。

その後食べやすい大きさにカットしたら、保存袋に入れ冷凍しましょう。

 

しめじ

しめじは石づきを切り落とし、小房にほぐしたら保存袋に入れて冷凍します。

すでに石づきが取り除かれ、ほぐされているものは袋のまま冷凍してしまってOKです。

 

なめこ

真空パックのなめこは、未開封であればそのまま冷凍することができます。
1度に1パックは食べられないというときは、半分に折り曲げた状態で冷凍することで半分ずつ解凍できます。

生のなめこの場合は、石づきを切り落としてから保存袋に入れて冷凍します。

お味噌汁などに入れる際は、凍ったままお鍋に入れてしまいましょう。
 

しいたけ

しいたけは軸の部分を切り落とし、かさだけの状態で保存袋に入れ冷凍します。

用途に合わせて、かさをそのまま冷凍したり、薄くスライスして冷凍してください。


 

冷凍きのこの保存期間

冷凍したきのこの保存期間は約1ヶ月です。
使用する際は、凍ったままスープや炒め物にしようしてください。

冷蔵した場合は、だいたい1週間ほどで傷んでしまうので、使いきれなかった分はその日のうちに冷凍してしまうのがおすすめです。

数種類のきのこをまとめて保存袋で冷凍して作る「ミックスきのこ」を用意しておけば加えるだけで具沢山に!

時短になるので、忙しい人は常備必須です!

また、冷凍きのこは汁物やおかずにちょっと具材が足りないというときに簡単に使えるだけでなく、一度冷凍してから、加熱することで旨味が増すと言われています。
 

冷凍きのこの使い方

一度冷凍させておけば、さっと使うことができる冷凍きのこはスープや炒め物、ホイル焼きの具材として大活躍します。
 

秋を感じる風味たっぷり!きのこのクリームスープ

具沢山のお味噌汁として楽しむのもいいですが、寒い季節にはミルクスープとの相性もバッチリ!

きのこの旨味とクリーミーなミルクスープでほっと体が温まります。

 

季節の変わり目、体調が崩れやすい時に! 簡単きのこの薬膳スープ

薬膳スープは基本となる定番の材料を覚えれば、作り方もアレンジも簡単。
きのこをたっぷり使った薬膳スープのレシピです。

季節の変わり目や体調を整えたいとき、ぜひ作ってみてください!

 

たっぷりきのこと豚肉のホイル焼き

豚肉とお好みの量の冷凍きのこをアルミホイルで包んで、グリルで焼けばおつまみにもおかずにもぴったりの一品に。

冷凍きのこがあれば包丁いらずで、フライパンなどの洗い物も出ないのでとっても楽チンレシピです!
 

冷凍きのこで料理上手♪

下準備に時間もかからず、簡単に用意できる冷凍きのこ。
使い道もたくさんある便利食材なので、ぜひ作ってみてください!
 
 

Pocket   はてブ   保存
nomina編集部

この記事を書いた人

nomina編集部

「もったいない野菜でおいしく健康に」をテーマに、ドリンクレシピや野菜の知識などをお届けします。

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!