1周年

nomina

もったいない野菜をドリンクに

2019/09/13更新

レンジでできる!100均のキッチングッズで簡単オムレツ&目玉焼き

スタディー

小さな子どもから大人まで、みんな大好きな卵料理。
ですが、フライパンに油を敷いて、火加減をこまめに調整して…となると、意外と手間がかかります。

そんな手間を除いてオムレツと目玉焼きを作ることができる便利グッズが、なんと100円で手に入ります。

油や火を使わないため、お子さんと一緒に作ってみるのも良いですね。
 

電子レンジ調理器 プチオムレツ&目玉焼き

ご紹介するのは、ダイソーで販売されている「電子レンジ調理器 プチオムレツ&目玉焼き」です。価格は¥100+税です。

黄色と白、2色のプレートが入っており、黄色のプレートはオムレツ用、白のプレートは目玉焼き用となっています。プレートの中は、シンプルな丸と可愛らしいハートの形です。

プレートの大きさは、縦が約10.cm、横が約20.5cm、耐熱温度は140℃、素材はポリプロピレンで出来ています。オーブンや冷凍庫での使用は不可となっています。

オムレツ用も目玉焼き用も、加熱時間は600Wの電子レンジで1分20秒とされています。
(ご自宅の電子レンジに600Wの設定がない場合は、使用可能なワット数により加熱時間を調整してください。またお使いの電子レンジにより、熱の入り方が異なる可能性がありますので、適宜調整してください。)

この簡易的なプレートのみで、果たして簡単にオムレツと目玉焼きが作れるのか?
早速使ってみましょう!
 

プチオムレツ

  1. 卵を割り、水(または牛乳、だし汁)を大さじ2杯加えてかき混ぜる
     
  2. オムレツプレートの5分目程度まで卵を流し入れる
     
  3. ラップをせず、600Wの電子レンジで1分20秒加熱する
     

上記の3ステップで、あっという間にオムレツができあがりました
油を使っていないにも関わらず、プレートからの取り出しも簡単です。
また、中もフワフワとしており、パサつくこともなくしっかりとオムレツの食感を楽しめます。

お好きな野菜やチーズなどの具材を加え、簡単にオリジナルオムレツを作ることも出来ます。
今回は上記と同じ要領で、ほうれん草1/2束とミニトマト4個を入れ、水の代わりに牛乳を大さじ2杯入れて作ってみました。
 

電子レンジの加熱時間はそのままで、見た目にも可愛いほうれん草とミニトマトのオムレツが完成です。
 

卵1個で、オムレツプレートの4つの型がちょうど良い量になります。
食べやすい大きさに仕上がるので、朝ごはんにもピッタリです。
 

目玉焼き

  1. 目玉焼きプレートの中に、卵を割り落とす
     
  2. 卵の上から、小さじ1杯の水を入れる
  3. ラップはせず、600Wの電子レンジで1分20秒加熱する
     

    ※卵の破裂を防ぐため、黄身の部分にフォークやつまようじで数か所穴を開けておく

こちらも簡単に目玉焼きができあがりました。
 

フライパンで作ると流れてしまいがちな白身も、プレートのおかげでしっかりと真ん丸またはハートに仕上がります。蒸らす時間も必要ないので、時短にもなります。

キレイな真ん丸の目玉焼きは、ハンバーグやガパオのトッピングとしてはもちろん、お弁当に入れると一気に華やかになりますね。
 

 

100円とは思えないような使い勝手の良さ

プレートが小さいため、オムレツ用と目玉焼き用を同時に電子レンジに入れることが出来ます。そのため、たった1分20秒で同時に2種類の卵料理が作れます。

なんといっても嬉しいのが、火を使わないため焦げる心配がありません。
また、油を使わないため、フライパンでの調理と比べると洗いものもラクチンです。

忙しい朝や、火を使いたくないような暑い日に重宝すること間違いなしです!
 
 

Pocket   はてブ   保存
ゆうな

この記事を書いた人

ゆうな

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!