nomina

まいにちの野菜を、もっとしあわせに。

2022-08-02更新

フランスの家庭の味!野菜たっぷりケークサレのレシピ

おかず

 
「ケークサレ」をご存じですか?

フランス語で「ケーク」はケーキ、「サレ」は塩を意味した、塩味のケーキのこと。
つまりケークサレとは、フランス生まれのお惣菜ケーキを指します。

ケーキというと難しいイメージがありますが、作り方はとっても簡単!
冷蔵庫にあるお好きな材料を細かくカットして、生地に混ぜてパウンド型で焼くだけ。

少しだけ余ってしまった野菜やお肉などを使えば、冷蔵庫の在庫処分にもなります。

朝食や晩酌のお供に、小腹が空いたときのおやつにもぴったりです!
カラフルでケーキみたいな形のケークサレなら、野菜嫌いのお子様にもおいしく食べてもらえるかも!?

ぜひお好きな材料で、自分好みのオリジナルケークサレを作ってみてください。
 

生地さえできたら混ぜる具材はなんでもOK!色々混ぜて楽しもう

具材は何でもOK!

ケークサレのいいところは、簡単で決まった具材がないところ。

野菜、チーズ、お肉、どれも食べやすくカットすれば何を混ぜても大丈夫。
冷蔵庫に少しだけ余った野菜や、賞味期限ギリギリで使い切れそうにない材料があれば、ひとまず混ぜてみましょう。

具材から旨味が出て、入れる具材によって仕上がりの味が変わるのも楽しいですよ。

肉系のおすすめはソーセージやハム、ベーコンなど。
野菜は彩りを重視するなら赤、緑、黄をバランスよく入れましょう。
チーズをトッピングすれば塩気が増して、お酒のおつまみにぴったりのケークサレに仕上がりますよ。
 

生地は共通。これさえ押さえればケークサレができます!

生地のレシピさえメモしておけば、あとはお好みの具材を入れるだけ。
生地用の材料もスーパーなどで手軽に買えるものばかりです。

作り方も全ての材料を順に混ぜるだけなので、特別な材料や調理器具なしで手軽に作れますよ。
 

型は100円ショップでも買える!

型がなくても大丈夫。パウンドケーキ型は100円ショップでも売っています。
ケークサレ意外にも、通常のパウンドケーキを焼くときや、パン作りにも使える汎用性の高い型なので、1台持っておくと便利ですよ!

型は金属製とシリコン製がありますが、主にオーブンで使うなら金属製がおすすめです。
シリコン型もオーブンで使えますが、シリコンはレンジ調理に向いているので、レンジ調理が多い方にはシリコン型をおすすめします。
 

材料(18cmパウンド型 1本分)
☆生地
☆卵
L2個
☆粉チーズ
30g
☆サラダ油
45ml
※太白ごま油やオリーブオイルでも可
☆牛乳
80ml
☆薄力粉
100g
☆ベーキングパウダー
小さじ1
☆ハーブソルト
少々
※そのほか塩コショウなどお好みで
★具材
★ミックスベジタブル
50g
★ほうれん草
1束
★ベーコン
70g
★プチトマト
3~4個
★チーズ
適量

今回はこちらの具材で作りましたが、量を目安にほかの野菜や加工肉等に置き替えて、お好みの具材で作ってください。
 
 
 

準備
  • 薄力粉とベーキングパウダーは合わせて軽く混ぜておきます。
  • オーブンの予熱は170℃に設定しておきます。
  • 野菜は粗めのみじん切りにカットします。
  • 火の通りを考えて根菜等は細かく、葉物は大きめにカットします。
  • アスパラなどは、長いまま入れると焼きあがってカットしたときに断面が綺麗に出るので、長いままバランス良く配置して断面を楽しみましょう。
  • 型にクッキングシートを敷いておきます。
    型からクッキングシートが浮いてしまう場合は、サラダ油等を所どころ型に塗るとぴったりくっついてくれますよ。

 

作り方
  1. 熱したフライパンに薄くバター(分量外)を広げ、ベーコンを炒めます。
    バターが馴染んで薄く焼き色が着く程度まで炒めましょう。
     
  2. 続けて野菜を加えて炒めます。
    全体的にバターが回って、しんなりしたら火からおろして冷ましておきます。
     
  3. ボウルに卵を入れ、溶きほぐします。
    粉チーズを加え、ホイッパーなどで混ぜます。
    泡立てる必要はないので、卵と粉チーズが馴染むまでぐるぐる混ぜてください。
     
  4. 工程③に少しずつサラダ油を加えます。
    少量加えたら、その都度よく馴染むまで混ぜてください。
     
  5. 炒めておいた具材を工程⑤に加え、混ぜます。
    ほうれん草はトッピングにも使うので、彩りのいい葉の部分をトッピング用に3~4枚除けておきます。
    ハーブソルトやそのほか塩コショウもここで一緒に加え混ぜます。
     
  6. 工程⑥に粉類をふるいながら加えます。
    ふるいきったらゴムベラなどでさっくり混ぜてください。
    粉気がなくなってとろっとした生地になったら混ぜ終わりのサインです。
     
  7. できた生地を型に流し、トッピング用のプチトマト、チーズ、ハーブソルト、トッピング用のほうれん草を乗せます。
    できたら予熱しておいた170℃のオーブンで40~45分焼成します。
     
  8.  
    焼き色がついて、竹串を刺して何もついてこなければ焼き上がりです。
    型のまま冷まして、粗熱が取れたら型から外してできあがりです!

さらにクリームチーズをトッピング!

お好みでクリームチーズ等を塗ってもおいしいです。

塩気がさらにアップして、お酒のおつまみにぴったり。
オリーブオイルをかければ、お店みたいなオシャレな味に変身しますよ!
 

手軽に自宅でフランスの家庭料理が楽しめる!

スーパーで買える材料だけで、こんなにオシャレなフランスの家庭の味が楽しめます。
慣れたら色々アレンジして、お気に入りの定番具材を見つけましょう!
 
焼き立てでなくても、夏の暑い時期には冷蔵庫で冷やして食べてもおいしいです。
気軽にフランスの家庭の味を体験してみてくださいね!
 
 

産地直送野菜をおトクに購入!
Pocket   はてブ   保存
kinako

この記事を書いた人

kinako

・2021年、焼き菓子工房CUIRE設立
・現在、オンラインショップ『CUIRE』を運営
・食育アドバイザー資格取得
・焼き菓子についての研究やレシピを公開したブログ『CUIRE 焼き菓子研究所』を運営

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!