nomina

もったいない野菜をドリンクに

2019/07/12更新

Wジンジャー使用!?生姜&茗荷でひと味違うジンジャーエールのレシピ

ジュース

夏の暑い季節が来るにつれ、キリっとしょうがが香る爽やかなジンジャーエールが飲みたくなくなりますよね。

実はジンジャーエールはおうちで簡単に作れて、しかも色々なアレンジが楽しめるんです!

今回ご紹介するレシピは、いつものジンジャーエールとは一味違い、しょうがにあるものをプラスします。

それは、「Japanese Ginger」とも呼ばれる茗荷(みょうが)です!

しょうがに含まれるジンゲロールとショウガオールで血行促進効果で冷え性に効果的です。

そして、みょうがに含まれるα-ピネンとミョウガジアールで頭スッキリ&食欲増進効果で、夏バテ解消に期待できます。

 

Wジンジャーエールの作り方

材料
【ジンジャーエール】
炭酸水
お好みの量
お好みの量
【ジンジャーシロップ】
みょうが
6個(約100g)
しょうが
2片(約100g)
砂糖(三温糖)
200g
レモン汁
小さじ2
作り方
  1. しょうがは良く水洗いしたら皮をむいて薄切りに、みょうがは小口切りにする。
    (しょうがの皮は、粗く丸めたアルミホイルでこすると簡単に薄皮がむけます)

  2. 切ったしょうがとみょうがを鍋に入れたら、砂糖を入れて全体になじませるよう混ぜたら0.5~1時間水気が出るまで置いておく。

  3. 鍋に火をかけ、アクを取り除きながら香りが出るまで10~15分ほど弱火でじっくり煮詰める。

  4. 火からおろし、こし器あるいはざるでこす。粗熱が取れたら、レモン汁を入れて全体に混ぜ合わせる。

  5. グラスに氷を入れ、ジンジャーシロップと炭酸水をお好みの量で割れば完成。
    (余ったシロップは消毒済みの保存瓶に移して、冷蔵庫で保存すれば約2~3週間日持ちします。)

まとめ

作ったジンジャーシロップは、炭酸以外にも紅茶やホットミルク、アイスクリームやヨーグルトなど、色々なアレンジを楽しめます。

また、こして残ったものは、炒め物など他の料理に使えば無駄もありません。

ちなみに、みょうがと同じ夏に旬の新しょうがを使うと、ピンク色のジンジャーエールができますよ!
(砂糖は上白糖を使えば、よりピンク色が引き立つのでおススメです)

さわやかなピンク色のWジンジャーエールで、おいしく元気に夏を過ごしましょう!

 

▽みょうがの詳しい栄養素と効果効能はこちら


▽保存瓶の煮沸消毒のやり方はこちら

 

Pocket   はてブ   保存
ひさお

この記事を書いた人

ひさお

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!