nomina

まいにちの野菜を、もっとしあわせに。

2020-02-25更新

【離乳食後期∼】もぐもぐ食べ&手づかみ食べ用ミートボールのレシピ

離乳食

離乳食を食べている時、すぐに飲み込んでしまい、なかなかもぐもぐしてくれないと悩んでいませんか?
それは、離乳食の食材の大きさや硬さが原因かもしれません。

今回はもぐもぐ練習ができ、手づかみ食べもできるミートボールと、ミートボールを使ったレシピの紹介です!

モグモグ期の離乳食

食べることに慣れてくる離乳食中期のモグモグ期から、後期のカミカミ期、完了期のパクパク期と、赤ちゃんの成長に合わせて食材の大きさや、柔らかさ、量などを変えて、少しずつ大人と同じように噛んで食べる練習をしていきます。

ペースト状の離乳食ばかりあげていると、歯茎で噛むことをせずに飲み込んでしまう癖がついてしまいます。
7∼8ヵ月のモグモグ期後期になってきたら、粗みじん切りから始め、少しずつ食材の大きさを変えていきましょう。

赤ちゃんの歯の生え具合によって、食材の硬さや大きさは心配になりますが、9∼11ヵ月のカミカミ期になると歯茎で噛む力は強くなります。

指で潰せるバナナくらいの硬さを目安に、野菜を柔らかくし4∼6㎜くらいの大きさにカットしてあげるようにします。

野菜を大きくカットすることにより、手づかみ食べもしやすくなり、自分で食べること、噛んで食べることが自然と身につきます。
※食べさせるときは、のどに詰まらせないよう、よく見ながらあげましょう。

 

ミートボールのレシピ

材料
ひき肉
100g
片栗粉
小さじ1
大さじ1
作り方
  1. ボールにひき肉、片栗粉、水を入れ、粘りが出るまでよく混ぜ合わせます。
  2. 1∼2gくらいになるように、1を丸めます。(0.5~1㎝くらいの大きさ)
  3. 鍋に水を沸騰させ、2を入れます。
  4. 浮いてきたら取り出し完成。

※絹ごし豆腐を混ぜると、更に柔らかくなります。
丸めにくいときは片栗粉を少し増やします。

 

野菜トマト煮風のレシピ

材料
ミートボール
5∼7個程
ミニトマト
2個
ナス
15g
ブロッコリー
15g
にんじん
15g
トマトコンソメソース
30g
水またはだし汁
適量

 

作り方
  1. ナス、ブロッコリー、にんじんは0.5∼1㎝の角切りにします。
    ※月齢や赤ちゃんの噛む様子を見て、食材をカットする大きさを決めてください。
  2. 小鍋に1の野菜と水、またはだし汁をひたひたになるくらいまで入れて、柔らかくなるまで煮ます。
  3. ミニトマトは皮を湯むきし、中の種を取り除いたら、食べやすい大きさにカットします。
  4. 2の鍋に、3のミニトマト、トマトコンソメソース、ミートボーロを入れひと煮立ちしたら完成。

 

おいしく楽しくモグモグ練習を!

ミートボーロのひき肉は、鶏、豚、牛、合挽き肉どれでも使えますが、鶏肉が一番柔らかくなります。

我が子は9か月くらいから下の歯が2本生えてきて、1歳になってもまだ2本のまま。
そのこともあってか、離乳食を噛んで食べることをあまりせず、直ぐに飲み込んでしまうので、もぐもぐできるような離乳食レシピを考えました。

食材を大きめにしたことにより、口を動かして食べてくれるようになりました!
 
 

Pocket   はてブ   保存
toz

この記事を書いた人

toz

野菜・果物がいちばん好き! 料理が苦手、面倒という方でも試してみたくなるような、いろんな野菜を使った簡単レシピを紹介します。

カテゴリー
Instagram

nominaのSNSをフォローして
最新情報をチェックしよう!